昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

相棒チューバッカとの出会いも 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

帝国軍が支配する惑星コレリア。無法地帯のスラムで、生き抜いてきた青年ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)の夢は、銀河一のパイロットになることだ。幼なじみで恋人のキーラ(エミリア・クラーク)と一緒にコレリアからの脱出を試みたが、トラブルにより2人ははぐれてしまう。帝国軍のフライト・アカデミーに入隊したハン・ソロは戦場で、囚われていたウーキー族のチューバッカを助け出す。彼は自由を手に入れ、キーラに再会するために、チューバッカとともにベケット(ウディ・ハレルソン)が率いるチームに加わり、“危険な仕事”に挑む。

© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

〈解説〉

SWシリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くSF・アクション・アドベンチャー。監督は『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード。135分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆R・ハワード監督なので期待したが、ハン・ソロ役が大味で髪型もヤボったい。L3-37のデザインや動きは見応えあり。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆無難にまとめているが、発見や余韻が乏しい。ロン・ハワードも代打では気の毒だった。見終えるとすぐに味が蒸発する。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆組織やら善悪は二の次の展開に心躍る。チューバッカやファルコンとの縁は勿論、女性型ドロイドL3-37の存在に涙。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆手堅さがやや裏目に出たか。キャストを含めてシリーズに繋げた時の違和もちらほら。想定より難しい企画だったのでは。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆目に愉しい速さ!SWに秘めたルーカスの構想がハワードへ伝導、冒険活劇としてハン・ソロに転写。でも画面暗く見難い。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆

INFORMATION

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(米)
6月29日(金)より、全国公開
監督・脚本:ロン・ハワード
出演:オールデン・エアエンライク、ウッディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー ほか
http://disney-studio.jp/