昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/07/11

イケメンにも勝る走塁

 もちろんドラフト3位でプロ野球選手になったのだから、魅力はたっぷり。立教大学の後輩に話を聞くと、試合後は女性だけでなく野球好きの男性にもサインを求められていたと言います。野球玄人をも魅了する選手なのです。

 中でも走力はピカイチです。1軍では3盗塁、2軍戦では20盗塁を記録し、ウエスタ・ンリーグのトップに座っています。走塁に関して特に参考にしている選手はいないそうですが、普段から人間観察は好きだと言います。

「先輩選手のこともいつも観察していますね。あと、電車に乗ったら周りの人はよく見ます。笑っている人が居たらなんで笑ってるのかな? って考えたり……気づいたら自分も笑ってることがあります」

 この洞察力から投手の癖を盗み、盗塁の成功数に結びついているのではないでしょうか。

目指すは鳥谷敬?!

「阪神」「イケメン」「内野手」と聞いてファンの皆さんが思い浮かべるのはおそらく鳥谷敬選手だと思います。偶然にも鳥谷「敬」と熊谷「敬」宥、同じ字が入っています。「やっぱり将来は鳥谷選手みたいに?」という質問に対しては、食い気味で「自分なんてもう底辺、底辺なんでそんな……」と首を何度も横に振り、手を足首に持っていき僕はこのあたりですと全力で否定。どこまでも謙虚な選手です。

 シーズンも前半戦が終わりプロの1軍で試合に出続けることの大変さを感じているという熊谷選手。明日、青森県で開催されるフレッシュオールスターにも選ばれています。フレッシュオールスターで活躍した選手は、その後1軍でも大活躍。「自分が持っていないものを吸収して自分のものにしたいです!」。最高の熊谷スマイルを残していってくれました。イケメンなフェイスだけでなく、シーズン後半戦、一皮むけた熊谷選手に注目です!

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/7990でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。