昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

木村佳乃の勢いが止まらない 子育て中に「イッテQ!」進出を決めた理由

「24時間テレビ」に初参加する木村佳乃

 

 今年で41回を迎える日本テレビの「24時間テレビ 愛は地球を救う」(8月25~26日放送)のチャリティーパーソナリティーとして、女優の木村佳乃(42)が初参加する。

「昨年の石原さとみ(31)のように同局のドラマに貢献した女優としてではなく、タレントとしての起用。木村は不定期ですが高視聴率バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』に出演しており、女優らしからぬ奮闘ぶりで貢献したのを買われた。即決で出演をOKした木村は『笑いと感動をお届けします』と芸人さながらのコメント。意欲満々です」(放送記者)

 木村のバラエティ進出は、2人の娘(現在6歳と5歳)の子育てに多忙を極めていた、3年前のことだった。

「子供が『テレビに出ているママが見たい』という年頃になった。本来なら本業の女優としての姿を、となるところですが、バラエティなら家庭での顔と変わらないから子供にもわかりやすいのではないか、と考えたそうです。夫の東山紀之(51)も理解しています」(テレビ関係者)

 女優のバラエティ出演は映画やドラマの宣伝目的が大半だが、木村はひと味違う。