昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

わが家のようにくつろげる 安心の住まいの探し方

シニアホーム特集

高齢期にふさわしい場所へ住み替える。今はそんな選択肢がごく当たり前の時代になりつつある。介護や医療の体制が整い、入居している本人がくつろいで暮らせる最適な高齢者住宅選びを考える。


 元気なうちは気にならなかった階段の上り下りが辛い、植木の手入れがおっくう……。こう感じ始めたら、住み替えのタイミングかもしれない。

 例えば、寝室から遠い和式トイレ、勾配がきつい階段、深くまたぎにくい浴槽などは、いずれも事故の危険性が高く、介助をする場合にも作業しづらい部分。年を取って暮らしにくさや不安を感じているなら、もうわが家が最善とは言えないだろう。

 また、いざというときに面倒を見てくれる家族がそばにいるとは限らない。元気に動けて自分の頭で判断できるうちに、「安心して暮らせる居場所」を確保していくことが重要なのだ。

「どれも同じ」では見誤る基本的な違いを知る

 介護に備えた住み替えで真っ先に思い浮かぶのは要介護のお年寄りが入居している老人ホームではないか。しかし現代は、シニア向けの住まいや施設が多様化しており、種別は複雑になっている。「どれも同じ」と考えるのはトラブルのもと。まずは基本的な種別を押さえておきたい。


◎特別養護老人ホーム

 介護が必要な高齢者のための公的な施設。入居要件は原則、要介護3以上に限られる。民間のホームに比べて費用負担が小さく人気だが、都市部では希望するタイミングで入居できるかはわからない。要介護度が高く介護する人がいないなど、緊急度の高い人が優先される。

◎有料老人ホーム

 食事や清掃などの日常生活の支援サービスを提供する民間のホーム。「介護付」の老人ホームでは、職員が介護サービスも提供する。元気なうちは食事や清掃などの生活支援サービスを受け、介護が必要になれば要介護度に応じた介護サービスを定額で受けられるという切れ目のないケアが特徴だ。「住宅型」と呼ばれるホームでは、介護サービスは必要に応じて、外部の介護事業者と契約を結ぶ。

 入居要件はホームによってさまざまで、元気なうちから早めの入居が可能なホームもあれば、要支援・要介護の人に限る場合もある。

◎サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

 バリアフリー構造など、高齢者のために配慮された賃貸住宅。生活の自由度は高く、介護が必要になった場合は、入居者自身が外部の介護事業者と契約する。義務付けられたサービスは「安否確認」と「生活相談」の2種類だが、食事やレクリエーション、リハビリなどさまざまなサービスを提供しているサ高住も多い。また近年は介護付ホームと同じ「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた介護型のサ高住もある。

 このほか、そのホームで長く暮らすことを考えるなら、医療機関との連携体制や看護師の配置状況もチェックしておくべきポイントになる。胃ろうやインスリン注射など医療依存度の高い持病に対応できるのか、万が一の際に看取りまで担えるのか、認知症が進行した場合の対応方針はどうか……といった点は押さえておきたい。

在宅介護の担い手はだれか家族の事情を整理する

 わが家に住み続けたいと考えるなら、介護の担い手となる身内がそばにいるかどうかが重要だ。近年は子どもが独立して都心部で所帯を持ち、親は高齢の夫婦二人暮らし、もしくは一人暮らしというケースが珍しくない。何かあれば遠方から子どもが駆けつけることもあるが、いざというときに慌てずにすむよう、一度、家族の事情を整理してみよう。

 もしも夫婦のいずれかがすでに要介護のいわゆる「老老介護」であれば、いずれ夫婦そろって介護が必要になる可能性もある。そうなれば、在宅介護は無理で施設を探すことも考えられるだろう。

 現実には、高齢の親が病気や事故などで入院し、子どもが急きょ退院後の面倒をみるケースが多い。在宅介護の限界を迎えてから、慌てて住み替え先を探すことになると、満足な検討ができない。自分が悔いなく、家族も納得できるように、介護と人生、そして住まいをどうすべきか、早めに検討しておくべきだろう。


シニアホーム選び、ここをチェック!

●入居要件
入居時に「身の回りのことが自分でできる(自立)」か、「介護が必要(要支援・要介護)」なのかで入居できる住まいが変わる。

●職員配置
どれだけのスタッフで入居者を世話するのか。介護付有料老人ホームは、「3:1」(要介護者3人に対して介護職員1人以上)の配置が義務づけられている。

●医療・介護への対応
入居してから介護度が重たくなった場合にどのような対応が考えられるのか、また医療機関との連携や看護師の有無などもチェックしておきたい。

●支払方式
施設ごとに、「月払い」や、将来の家賃を先に払っておく「前払い」などの違いがある。契約を途中で終了した際の前払金の返金ルールは要確認を。