昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

長澤まさみら私的写真が大量流出
iCloud侵入者の原始的手口

source : 週刊文春 2016年6月2日号

genre : ニュース, 社会, 芸能

ハッカーにはクラウドは宝の山?
Photo:Jiji

 長澤まさみ、北川景子に武井咲……当代きっての人気女優のプライベートショットが大量に盗み見られていた。狙われたのは個人情報満載のフェイスブックなどのネットサービス。警視庁は5月16日、不正アクセス禁止法違反容疑で長崎県の会社員、金子大地容疑者(29)を逮捕した。アリババは「開けごま」と唱えるだけでお宝をせしめたが、金子容疑者が目を付けたのは、パスワード。押収されたパソコンからは、金銀財宝ならぬ女優らの写真がザックザク。警視庁担当記者が解説する。

「金子容疑者は2014年から15年にかけ、写真が共有できるフェイスブックやiCloudなどのネットサービスで長澤などの芸能人らのIDとパスワードを割り出し、保存されていた写真をダウンロードしていた疑いが持たれています。パソコンからは100人単位の芸能人の写真が見つかっており、芸能人の情報流出としては過去最大級。金子容疑者自身での閲覧にとどまり、一般に流出しなかったのは不幸中の幸いでした」

 フェイスブックやiCloudでは、保存した写真の閲覧を自分だけに限る機能があり、大半のユーザーは「パスワードさえかければ、安心」と踏んであらゆる写真を放り込んでいる。そこに落とし穴があった。金子容疑者はパスワードを割り出して、秘蔵写真ばかりを盗み見ていたのだ。

「『映画に出てくるハッカーに憧れていた』などと供述していますが、本人の名前や誕生日などを組み合わせ、何度も試すという原始的なやり方でパスワードを割っていました。レアな写真もあったようですが、紗栄子などは日常的にきわどい写真をネットに出しており、『大した影響はない』との見方も。グラビアタレントの尾崎ナナに至っては、『逆に宣伝になっただろう』と理不尽な陰口を叩かれている有り様です」(同前)

 情報セキュリティ会社関係者は「パスワードは単純なほど割り出しやすく、数秒で解読できるものもある」と指摘する。パスワードは大文字、小文字、数字を組み合わせ、誕生日や名前などは使わず、定期的に変えること。それでも、一般人を含めてパスワードは常時、ハッカーに狙われて流出することがある。「一番の対策は見られてやましい写真を撮らないこと」(同前)だそうだ。