昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

勝間和代さんと考える「カミングアウトのメリットとデメリット」

勝間和代×岡部鈴対談 わたしたちのカミングアウト

 同性のパートナーと暮らしていることをネットでカミングアウトしたその日の夜、勝間和代さんはレギュラーを務めるTOKYO MX『バラいろダンディ』に出演し、告白を決意した経緯について語った。「(最近彼氏は? などと)言われても否定ができなかったり、あるいは1日旅行に出かけたりすると、(同行している彼女が)マネージャーだと思われるんですよ。やっぱり良くないじゃないですか、お互いの関係性として。私が堂々と言えないのも嫌でした」と、カミングアウトに至った心境を明かし、一般からも多くの祝福の声が寄せられたことを紹介しながら、涙ぐんだ。今回、『総務部長はトランスジェンダー』を出版した岡部鈴さんとの対談が実現。カミングアウトをテーマに語り合った。

「ああこの人知ってる」

勝間 はじめまして。

岡部 はじめまして。お目にかかれて光栄です。

勝間 私のパートナーは岡部さんのことを前から知っていたようです。岡部さんの『総務部長はトランスジェンダー』を置いていたら、ああこの人知ってるって言っていましたから。

岡部 本当ですか? 嬉しいです。5月28日、勝間さんが「BuzzFeedNEWS」とブログで同性の方をパートナーとされていることを公表しましたよね。オネエタレントと言われる人のように、最初からセクシャルマイノリティであることを表明して登場してきた人ではなくて、既に名の知られた方がこんなふうに自然にカミングアウトされたのは初めてではないかと思って、ものすごく感動しました。

勝間 ありがとうございます。

岡部 私は会社の帰りにだいたい新橋で飲んだくれているんですけれど(笑)、あの日は珍しくまっすぐ帰りました。家でふと、「今日の『バラダン(バラいろダンディ)』に勝間さん出るのでは?」と思ってテレビを点けたんです。

勝間和代さん ©深野末季/文藝春秋