昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

堀内孝雄の息子を騙る詐欺師
谷村新司、加山雄三の息子とも

source : 週刊文春 2016年12月1日号

genre : ニュース, 社会

アリスもビックリ?(左から谷村、堀内)
Photo:Kyodo

「親の七光り」をあてにする人間は多いが、この男は親でもない芸能人の名前を騙って犯罪を重ねた。警視庁は詐欺容疑で住所不定、無職、河住己知雄容疑者(44)を逮捕した。

 警視庁担当記者は、そのあきれた手口について語る。

「河住容疑者は、フォークグループ『アリス』でデビューし、ソロ活動をしている歌手の堀内孝雄(67)の息子を装って、堀内が出演するイベントのチケットがあるなどと嘘を言って、チケット代金5000円を騙し取った疑いが持たれています。騙されたのは新宿区の喫茶店の店長で、たまたま入っただけの店のようです」

 河住容疑者は、堀内と同様、ヒゲは生やしていたものの、黒いボリュームのある癖毛にえらの張った顔。堀内とは似ても似つかない。

「警視庁も一応、確認はしましたが、堀内氏とは何の関係もありませんでした。ちなみに堀内氏には3人の息子がいて、孫までいます」(同前)

 だが、“堀内詐欺”で騙された被害者は、他にも20人ほどいるという。計10万円以上が詐取された。

「実は、昨年12月には同じ『アリス』出身の歌手、谷村新司(67)の息子を装って、『谷村のコンサートの一番前の席が取れる』といって堀内より1000円高い6000円でチケット2枚分、1万2000円をだまし取っています。被害者は70歳の男性で、河住容疑者は『谷村本人を連れてくる』と言い残して逃走。今年4月にこの件で詐欺容疑で逮捕され、今年7月には有罪判決を受けたばかりでした」(同前)

 だが、それだけではない。河住容疑者は加山雄三(79)の息子まで詐称していたのだ。河住容疑者のものとみられるブログにはこう書かれている。

〈自分はすぐ近くに住んでいる加山雄三の息子。(中略)で、外科医で、エイベックスの副社長でもある〉

 やはりコンサートのペアチケットを1万2000円で売りつけようとしたという。

「金額が低く、被害者も馬鹿らしくて訴えないだろうと思って、好き放題に親を選んだのだろうが、結局、被害届を出されている。前回は執行猶予付き判決で難を逃れたが、これで実刑は免れないだろう」(捜査関係者)

 かつて谷村のラジオ番組で「天才・秀才・バカ」という名物コーナーがあったが、まさにバカな詐欺師である。