昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2度目の嘔吐で鮮血が! 誰にでも起こりうるショッキングな吐血の理由とは

その名は「マロリーワイス症候群」

2018/07/14

 人が経験しうる生理現象には、不快さをともなうものもある。

 中でも、不快さの王者に君臨する生理現象と言えば、「嘔吐」だろう。吐くだけでも大変な労力と精神力を必要とするのに、その挙句に「血」を見ることになったとしたら……。

 今回のテーマは、「マロリーワイス症候群」。

 妙にキレイな名前の症候群だが、中身は決してキレイな話ではありません。お食事中の方は、あとで読んでください。

「吐いてしまったほうがラクになる」と……

 外で飲み過ぎて帰宅。気持ちが悪い。

 そんな時、人はよく、「吐いてしまったほうがラクになる」とそそのかす。たしかにそうなのかもしれないが、嘔吐することの苦しみを知っていればこそ、簡単に踏ん切りがつくものでもない。

 嘔吐を経験することなく人生を終えられたらどんなに幸せだろう。一生は無理としても、せめて今晩だけでも何とかならないものだろうか……。

 誰に相談しているのかは知らないが、おそらくは困った時の神頼みというやつなのだろう。

 残念ながら神仏との話し合いは決裂したらしい。彼は覚悟を決めてトイレに向かう。

 便器の前にひざまずき、口に指を突っ込み、嘔吐する時の敗北感は絶大だ。どんな自信家でも、あるいは資産家でも、この時ばかりは痛飲したことを猛省する。

©iStock.com

 個人的な話で恐縮だが、この時筆者は青空球児氏の名言を思い出す。

「“ゲロゲ~ロ”って泣くんだよ! バカだねコイツは!」

血で赤く染まった便器

 トイレを出て、口をゆすぎ、ベッドに倒れ込む。このまま寝てしまおう、と目を閉じると、再び吐き気が襲ってきた。

 こうなると破れかぶれだ。何度でも吐いてやろう。

「吐いたほうがラクになる」と言っていたヤツを恨みながら、再びトイレに行って2度目の嘔吐。

 胃の内容物は最初の嘔吐であらかた排出されているので、2度目の嘔吐は苦しいばかりで大したものは出てこない。出るのは胃液と涙ばかり。

 そして、涙越しに見えたのは、血で赤く染まった便器だった。

 大きな苦痛のあとに訪れる巨大な衝撃――。

この記事の画像