昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

人気声優 “梶裕貴” の仕事にかける思いとは

『いつかすべてが君の力になる』(梶 裕貴 著)――ベストセラー解剖

2018/07/25
『いつかすべてが君の力になる』(梶 裕貴 著)

 アニメやゲーム、外国映画の吹き替えなどで活躍する「声優」。今や子供たちにとって、なりたい職業ランキングの上位に位置する憧れの存在だ。そんな職業の第一線で活躍する著者が、仕事にかける思いを綴った本が、若い世代を中心に好調な売れ行きを見せている。

「編集する上では、いわゆる“タレントさん本”的にならないように意識しました。仕事の良いところ、華やかなところだけではなく、うまくいかなかったこと、他人を羨んだ経験なども率直に書いていただきたかったんです」(担当編集者の野田実希子さん)

 思春期に進路を巡って、父親とぶつかったこと。声優になったものの、思うように役に就けなかった日々のこと。飾らない、熱い語り口で披露されるエピソードが深い共感を誘う。

「著者は今、32歳。ベテランと呼ぶにはお若いですが、駆け出しではなく、読者にとって『お兄さん』のような位置付けかと思います。先生や親といった身近な大人の言葉だと斜に構えてしまう子でも、そうした方からのメッセージは素直に受け止められるのではないでしょうか」(野田さん)

 刊行翌日には即重版決定。2カ月が経った現在も続々と版を重ねている。読者からの感想には「初めて自分で本を買った」「本をちゃんと読み通せて嬉しかった」といった内容も多い。声優という職業だけでなく、活字の世界への入り口にもなっているようだ。

2018年5月発売。初版1万2000部。現在10刷6万部

いつかすべてが君の力になる (14歳の世渡り術)

梶裕貴(著)

河出書房新社
2018年5月10日 発売

購入する