昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/08/10
陣内孝則 俳優
昭和三十三年生まれ。音楽バンド「ザ・ロッカーズ」でデビュー。その後、俳優として数々の映画、TVドラマに出演。馬主歴は二十年以上になる
陣内孝則 俳優
昭和三十三年生まれ。音楽バンド「ザ・ロッカーズ」でデビュー。その後、俳優として数々の映画、TVドラマに出演。馬主歴は二十年以上になる

宮城谷 テレビを見ていても、たとえばダービーに勝った調教師さんとかを皆さんが肩たたいたり拍手したりして祝福してるのが映ったりすると、いい世界だなと思いますね。

陣内 ただ、馬主だといっても、レースのときは馬券を買った人の馬だと思っています。ぼくはたまたま養育費を払って走らせているだけで。先生は馬を持とうというお考えは。

双子の騎手、柴田兄弟は大好きです。

宮城谷 いやいや、そんなお金持ちじゃないから(笑)。それで、馬の名前はどうやって付けていらっしゃるんですか。

陣内 とくにこだわりはないです。いまナルハヤという馬が走っていて、この馬は業界用語で付けたかったんですが、ケツカッチンとかダブルブッキングではマネージャーに怒られそうなので(笑)、「なるべく早く」のナルハヤ。なんか速そうだなと。それで、ナルハヤが頑張ってくれたら次はオネシャス、「お願いします」にしようかと。

宮城谷昌光 作家
昭和二十年生まれ。『夏姫春秋』で直木賞を受賞。古代中国を舞台にした作品が多い。最新刊に『三国志名臣列伝 後漢篇』。競馬歴は四十年以上
宮城谷昌光 作家
昭和二十年生まれ。『夏姫春秋』で直木賞を受賞。古代中国を舞台にした作品が多い。最新刊に『三国志名臣列伝 後漢篇』。競馬歴は四十年以上

宮城谷 ご自分の馬が出るときはけっこう競馬場に行かれるんですか。

陣内 行くんですけど、ナルハヤはぼくが行くと十着とか十五着なんですよ(笑)。このところ二、三着に来ているんですけど、行ってないときで。どうもぼくが行くと、馬と騎手の柴田未崎くんが頑張りすぎちゃうんですかね。先生、彼をご存じですか。

宮城谷 騎手の柴田兄弟は大好きですよ。双子の兄の大知くんが苦労しながら初めてGⅠを取ったとき男泣きしたでしょ。そのとき弟の未崎くんは引退していたんだけど、お兄さんの涙を見て騎手にカムバックした。

馬主でしか得られないロマンがあるんですね。

陣内 あいつは挫折を経験しながら一生懸命やっているんです。血統も二流で、ぼくみたいな末端の馬主の馬ですけど、調教から頑張って乗ってくれていて。調教師の先生もすごく彼のことをかわいがっているので、だから、この馬で、未崎くんに勝ってほしいんです。そこにぼくはロマンを感じるんです。

宮城谷 馬主でないと得られないロマンがあるんですね。以前、横浜の馬の博物館の方に聞いたんですが、馬は利口な動物で、一度覚えたことを忘れないらしいですね。好きになった人はずっと好きで、嫌いになると一生嫌いだとか。