昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/08/10

宮城谷 そう思う。それと、競馬は脳の活性化にもつながります。年をとると、ワクワク、ドキドキすることが少なくなる。だから、これからの高齢化社会は、ぼくは「競馬をやりなさい」と言っているの。百円でいいから。高齢者はいろんなゲームをやったほうがいいと言われているけど、競馬が一番いい。

馬はもともと神聖な動物なんです。

陣内 最後に伺いたいんですが、中国歴史小説を書かれている宮城谷先生からご覧になって、馬というのはどんな存在なんでしょうか。

宮城谷 馬はもともと神聖な動物なんです。だから、馬を大切にする馬主さんにはきっと良いことが起こるのでは、とぼくには思えてなりません。ちなみに中国古代には、馬のたてがみに神さまが降りてくるという話もあるくらいです。現代の競馬だとたてがみをきれいにカットして揃えている馬もいますが、たてがみはあまり短くしないほうがいいのではないかな(笑)。

陣内 じゃ、ナルハヤはロン毛にしてもらおうかな(笑)。


COLUMN 「どうすれば馬主になれるの?」

 競走馬を所有し、日本中央競馬会(以下JRA)のレースに出走させるには、JRAに馬主登録をしなければならない。登録には個人・組合・法人の三つの形態がある。個人登録は馬主全体の約85%を占め、ほとんどの馬主が個人馬主から馬主ライフをスタートさせている。組合は三~十人以下の者がそれぞれ出資し、共同で馬主活動を行うもの。個人と比較して、それぞれの組合員に必要な所得要件が低いというメリットがある。また、競馬事業を目的とする法人を馬主登録することもできる。その場合、法人代表者は個人馬主として一定の活動を積んだ者でなければならない。馬主登録審査は四月、七月、十一月の年三回行われ、概ねその四カ月前に受付が締め切られる。馬主に登録するには、さまざまな条件を満たさないといけないが、経済要件を簡単に紹介すると左記のとおり。

1.個人登録
今後も継続して得られる見込みのある所得金額(収入金額ではない)が過去2年間ともに1,700万円以上、継続的に所有する資産が7,500万円以上あること。

2.組合登録
各組合員について今後も継続して得られる見込みのある所得金額(収入金額ではない)が過去2年間ともに900万円以上であり、かつ組合名義の資産が1,000万円以上あること。

3.法人登録
代表者の所得・資産は個人馬主と同じ。また法人の決算に関して過去2期の決算状況や剰余金の状況などが審査の対象となる。

江面弘也●文
photo : Nanae Suzuki hair & make up : Koharu Tamura


提供:日本中央競馬会
馬主にご興味のある方はHPをご参照ください。
jra.jp/owner

提供:日本中央競馬会