昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「国民の彼氏」竹内涼真25歳の真価が問われる夏

185cmの長身に小顔という完璧イケメン ©共同通信社

 今や「国民の彼氏」とまで呼ばれている竹内涼真(25)の露出が際立っている。

 嵐の二宮和也(35)主演の春期ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で医師役を好演。6月のW杯サッカー中継では、東京ヴェルディユースに所属していた経験を活かしたリポートが高評価を得た。

「7月には3冊目となる写真集を発売。鍛えられた上半身にチラッとへそ毛が映ったカットなどが話題になり、売れ行き好調。さらに、未掲載カットを中心にした写真展も開催しました」(放送記者)

 モデル出身の竹内は、2014年に『仮面ライダードライブ』に主演。子供と一緒に視聴する母親世代のファンも掴んだ上で一般ドラマに進出、という今のイケメン俳優の典型的な出世コースを辿った。昨春のNHK朝ドラ『ひよっこ』、秋の連ドラ『陸王』(TBS系)で若手男優戦線のトップに躍り出た。

 満を持して8月1日には、主演映画『センセイ君主』が公開。

「映画版仮面ライダーの主演はありましたが、一般映画主演は初。冷徹な先生と女子高生の恋を描いた学園コメディーですが、竹内人気でどこまで女性客を動員できるかが注目です」(映画記者)

 竹内に懸ける所属事務所・ホリプロの期待も熱いという。同じ事務所グループの妻夫木聡(37)、向井理(36)、藤原竜也(36)はすでに結婚し、本格派俳優へとステップアップしたからだ。

「事務所は竹内をイケメン俳優枠の次世代エースとして育ててきた。昨秋、モデルとの熱愛を女性誌に報じられた際、即座に『ご心配かけてすみません』と公の場で謝罪させ別れさせたのも、ファン離れを恐れたから。それほど期待は大きい」(芸能デスク)

 秋には志尊淳(23)主演の学園映画に友情出演する竹内。今年が役者としての正念場になりそうだ。

「イケメン俳優枠では山﨑賢人(23)、福士蒼汰(25)といったライバルがいる。今、竹内は肉体美まで披露し、アイドル的要素で女性動員に懸命ですが、役者として評価されないと息長く活躍できないし、ライバルから抜きん出られない。そのためにも映画で実績を挙げることが大事になるでしょう」(前出・映画記者)

 クールな顔をして、誰よりもアツい夏を迎えている。