昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

困難を乗り越え結婚した2人が迎えた“初夜”に一体何が……「追想」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1962年、イギリス。バイオリニストとしての成功を夢見るフローレンス(シアーシャ・ローナン)は、歴史学者を目指す青年エドワード(ビリー・ハウル)と街で出会い、ひと目で恋に落ちる。家庭環境も音楽の趣味も異なる2人は、いくつかの困難を愛の力で乗り越えて夫婦となる。新婚旅行で訪れた南部のチェジル・ビーチで幸せな時間を過ごすはずが、ホテルに到着すると2人の間にギクシャクとした空気が流れ始める。初夜を迎える喜びを抑えきれずに迫るエドワードを、フローレンスは結ばれる直前で拒絶し、ホテルから飛び出してしまう。

〈解説〉

イアン・マキューアンの「初夜」を、舞台演出家・脚本家のドミニク・クックが実写化。保守的な時代を背景に若い男女の気持ちの行き違いを描く恋愛映画。110分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆60年代の出口と入口は全然違う。そんな時代相そのままのぎこちない恋。画面の清冽美。S・ローナンはやっぱり大器。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆古風で不器用な女を演じると巧いS・ローナンだが、今回はやや予定調和。時系列の構成も舞台劇を思わせる直球攻め。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★☆☆☆老いて忘れられない初恋の、男純情が大真面目に描かれている。男の沽券と股間は本当に面倒と笑うしかない鬱陶しさ。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆映画の形もコンサバ系。純情な性をめぐる悲喜劇的状況を淡色の文芸調で。もう少し体温を上げたほうが艶っぽいのに。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆埋まらぬ物語を語るチェジル・ビーチの玉砂利の砂州、保守的な時代背景など母世代に見せたい。でも回想の多用に萎える。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© British Broadcasting Corporation/ Number 9 Films(Chesil)Limited 2017

INFORMATION

『追想』(英)
8月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
監督:ドミニク・クック
原作・脚本:イアン・マキューアン
出演:シアーシャ・ローナン、ビリー・ハウル、エミリー・ワトソン、エイドリアン・スカーボロー ほか
http://tsuisou.jp/

初夜 (新潮クレスト・ブックス)

イアン・マキューアン(著),村松 潔(翻訳)

新潮社
2009年11月27日 発売

購入する