昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大学生と駆け落ち41歳「元電波子」が“夫との婚姻不成立”を警察に相談

智子さんと数馬さん

 今春に話題となった、元アイドルの徳永智子さん(41・仮名)が大学生と失踪した騒動で、智子さんが5月頃、警察に相談していたことがわかった。「家出したときには夫である徳永数馬さん(56)とは離婚している状態だったのに、自分が知らないうちに数馬さんとの婚姻届が出されている。この婚姻は不成立だ」などと訴えたという。

 智子さんは、「家出したのは数馬さんの暴言があり、身の危険を感じたからだ」とも述べていたという。騒動から約半年、事態は意外な展開を見せている。

 智子さんは90年代の人気バラエティ番組「進め!電波少年」(日本テレビ系)の企画で“電波子”として活躍していた元アイドル。彼女が20歳下の現役大学生Aくんと駆け落ちしたのは今年2月のことだ。家族は警察に捜索願を提出。子供たちがSNSで情報提供を呼びかけるなど大きな話題となった。「週刊文春」(4月5日号)でも、Aくんが「旦那を殺したい」などと口にしていたことを報じた。

Aくん(右)とのツーショット

 数馬さんに話を聞いた。

「今年5月に警察の方も訪ねてきましたが、僕が智子を恫喝したことなどありません。たしかに2月当時、智子と私が離婚していたのは事実です。15年ほど前に節税の手段として2人で相談し、籍を抜きました。ただその後も夫婦としてずっと生活を共にしてきたことに変わりはありません」

 智子さんの失踪後、数馬さんは、智子さんの名前が記入された「ゼクシィ」の付録の“ピンクの婚姻届”を発見したという。Aくんの父親の直撃取材の顛末も含め、“年の差駆け落ち”の現状の詳細は8月8日(水)発売の「週刊文春」で報じる。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで8月8日より全文公開します。

この記事の画像