昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

トム・クルーズ56歳が試練に再び挑む 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

IMFのエージェント、イーサン・ハント(トム・クルーズ)と彼のチームは、何者かに盗まれた3つのプルトニウムを回収し、世界3都市での同時核爆発を防ぐミッションを与えられる。事件の鍵を握る“ホワイト・ウィドウ”に接触したイーサンは、彼女の信頼を得るために、収監中のソロモン・レーン(ショーン・ハリス)の脱走に手を貸したため、味方の女スパイのイルサ(レベッカ・ファーガソン)と対立してしまう。イーサンに疑いの目を向けるCIAが送り込んだ、エージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)に監視されながら、72時間のタイムリミットが刻一刻と迫る。

〈解説〉

スパイ・アクション大作『M:I』シリーズの第六弾。監督はシリーズ前作に続きクリストファー・マッカリーが務める。148分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆T・クルーズ56歳の献身的演技に頭が下がる。ぴかぴかに張り切った笑顔が失われたのが辛いが。パリ編が1番面白い。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★★トム・クルーズが「映画の鬼」になった。肉体と空間の共振がこれほど3次元的なのに、すべてを平面で見せる心意気に拍手。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆メンバー全員がろうたけて、命がけのミッションも神がかり的にクリア。全力疾走含め老いとも戦うT・クルーズに感動。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★★もはや崇高。肉体の重さが生っぽく伝わるエクストリーム・アクションの金字塔。純正な活劇魂に身を捧げるトムに感涙!

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆迫真のスタント、ラロ・シフリンのテーマ曲もフル転。なぜか漂うスペクターのボンド感、古典なネタ揃いにぎゃふん。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

INFORMATION

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(米)
全国ロードショー
監督・脚本:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、アレック・ボールドウィン、アンジェラ・バセット ほか
http://missionimpossible.jp/