昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

赤坂太郎
2016/06/10

消費増税延期 安倍決断は諸刃の剣だ

サミットを利用した強引な政策転換の吉凶

source : 文藝春秋 2016年7月号

genre : ニュース, 政治

カット・所ゆきよし

「現在直面しているリスクは、リーマンショックのような金融不安とは全く異なるが、危機に陥ることを回避するため、内需を腰折れさせかねない消費税率の引き上げは延期すべきだと判断した。新しい判断について、国政選挙である参議院選挙を通して、国民の信を問いたい」

 国会の会期末を迎えた6月1日、総理官邸の会見室。首相・安倍晋三はテレビカメラを見据えながら、そう決意を表明した。

 衆院解散を見送り、消費税率の10%への引き上げも2年半先送りするという決断。参院選は伊勢志摩サミットとオバマ米大統領の広島訪問という外交をアピールして臨むことになる。守勢ともいえる「二重の決断」は政権運営に吉と出るか、凶と出るのか。その行く手は安倍自身さえ見極め切れない。

オバマがアシスト
Photo:Kyodo

「衆院選をやれば40議席も減らすことがわかっているのに解散することはないよね……」

 安倍が問わず語りに側近の1人にこう漏らしたのは5月の大型連休明けだった。

 自民党選対は年明けから何度か、独自の調査を基に、衆院を解散した場合の獲得議席をシミュレーションしてきた。大型連休の外遊中に安倍に報告された結果は、自民党が現在の291議席から「40程度は議席を減らす可能性が高い」というものだった。

 安倍内閣は比較的高い支持率を維持しているが、共産党が衆院選でも候補者を大幅に絞り込む可能性が高まっている。おおさか維新の会も全国に候補者を擁立する力がないことから、野党が一本化する選挙区は激増する。自民党が、前回並みの得票率を維持したとしても、共産党が小選挙区候補を70~80程度に絞り込むだけで、自民党は大幅に議席を減らす。このシミュレーションが解散見送りの決定打になった。

はてなブックマークに追加