昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ドリフターズ“第5の男”高木ブーが語る「これからのドリフでやりたいこと」――2018上半期BEST5

「ドリフターズ現役最長老」高木ブー・インタビュー#2

2018/08/22

genre : エンタメ, 芸能

2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。人生のレジェンド部門の第1位は、こちら!(初公開日:2018年7月29日)。

*  *  *

ドリフのコントでは「雷様」でもおなじみ高木ブーさん。その原点はハワイアンミュージシャンだったことをご存知ですか? ロングインタビューの後編ではバンドマンとしてドリフの一員だった高木さんが「ドリフの青春」を語ります。聞き手は演劇史研究者の笹山敬輔さんです。(#1より続く)

高木ブーさん、85歳

なぜ高木ブーといえば、ウクレレになったのか?

―― 高木さんといえば、ウクレレ&ハワイアンブームを起こしたミュージシャンとしてもご活躍ですね。

高木 これはね、許可をもらったの。ドリフは単品で仕事をするってことがありえなかったんですよ。でも、『ドリフ大爆笑』がひと区切りついて、もう好きなことしていいよってなった。そこで何をやろうか考えて、「そうだ、昔やってたハワイアンがある」って。だから、ドリフのメンバーも僕がウクレレ弾くって知らなかったと思う。

―― 1999年にNHKでウクレレ教室の番組が始まりました。

高木 よく探してくれたなと感謝してます。でも、おかしいんだよ、NHKなのに“雷様”で出てるんだから。

 

―― 高木さんのミュージシャンとしてのルーツは、ウクレレなんですね。

高木 戦争が終わって2、3年経った頃、15歳の誕生日に兄貴がウクレレ買ってくれたんだよ。そしたら、そのころ千葉の柏にいたんだけど、増田進って人から「ハワイアンやろう」って誘われたの。それで初めて、ウクレレを弾いた。

―― きっかけは偶然だったんですね。

高木 何の気なしだね。ちょうどハワイアンが流行し始めてて、高校時代もウクレレサークルを作った。そしたら同級生にすごい上手い親友がいてね。彼がプロになって良いバンドに入ったんだよ。僕も中央大学卒業後は、彼との繋がりがあるから、同じプロダクションに入った。