昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

赤坂太郎
2016/09/09

狂い始めた安倍の総裁延長戦略

改造人事の吉凶は、10月のW補選で明らかになる

source : 文藝春秋 2016年10月号

genre : ニュース, 政治

カット・所ゆきよし

 8月22日、史上最多41のメダル獲得に日本中がわいたリオデジャネイロ五輪の閉会式。マラカナン競技場中央の緑色の土管から登場したのは、スーパーマリオブラザーズのマリオに扮した安倍晋三だった。次期開催国の首相による異例のパフォーマンス。最後に安倍はこう宣言した。

“See you in TOKYO”

 4年後の東京五輪は自らの手で迎える――との決意。祖父・岸信介首相が1959年に64年の東京五輪開催を勝ち取りながら、実際に開会式の晴れ舞台に立ったのは、後任の池田勇人首相だった。首相として五輪開会式を迎えるのは、憲法改正と並んで祖父との因縁を感じさせる「悲願」だ。

 式典を終え、周囲が「これで東京五輪でも首相として活躍できそうですね」と軽口を叩くと、安倍は「それもいいよね」と満面の笑みを浮かべた。

 だが、この悲願の前に立ちはだかる壁がある。2018年9月までの自民党総裁任期だ。党則は、総裁任期を1期3年とし、連続3選を禁止している。これを乗り越えない限り、東京五輪に首相として登場することは叶わない。

 自民党結党時の総裁任期は1期2年で、多選禁止の規定はなかった。64年に総裁に就任した安倍の大叔父・佐藤栄作は4選を果たし、71年に1期を3年に延長、結局在任期間は7年8カ月に及んだ。長期政権への反動から党内で任期制限、多選禁止論が高まり、77年に1期2年に短縮、80年に連続3選が禁止された。

 その後、総裁任期を延長したのは中曽根康弘だけだ。84年に再選された中曽根は、86年7月の衆参同日選の大勝を受け、特例で延長が認められた。中曽根は当初2年の延長を目論んだが、党内の反発もあり「1年間以内なら延長可能」と党則改正された。だがこの特例の規定も02年、小泉純一郎首相の下で削除され、任期は1期3年に戻された。総裁任期変更の経緯はそのまま、「三角大福中」や中曽根と「安竹宮」の権力闘争の歴史でもある。「任期延長への布石」(首相周辺)と位置付けられた8月3日の内閣改造、自民党役員人事で、新たな政争の火ぶたが切られた。

 参院選勝利を確信していた安倍は、選挙中から、(1)政権の骨格維持(2)ポスト安倍の封じ込め(3)中規模以上の改造、の3つを柱に人事構想を描いていた。

 だがこのシナリオは思わぬ事故で破綻する。幹事長留任を予定していた谷垣禎一が7月16日、自転車で転倒し頸髄を損傷したのだ。「しびれがありすぐには話せない深刻な状況だ」との報に接した安倍は周囲に「これで人事が狂うかもしれない」とうめいた。

はてなブックマークに追加