昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カリスマ環境活動家が『情熱大陸』出演を虚偽広報

 毎日放送の人気番組『情熱大陸』が、放送予定がないにもかかわらず、化粧品ブランドなどを展開する在阪企業F社のPRに使われていたことが「週刊文春」の取材でわかった。F社の代表取締役のS氏は、カリスマ環境活動家として知られる人物。F社は取引先などに次のように広報していた。

〈この度、TBS系列「情熱大陸」に代表のS(広報文では実名)が出演することになりました。米ぬか酵素洗顔クレンジングとゴーヤ濃縮海水スキンケアローションの情報も紹介される予定です〉

©文藝春秋

 F社の広報文で「情熱大陸」の出演は〈8月19日放送〉と記されていたが、同日、特集されたのは競泳の瀬戸大也選手だった。

「情熱大陸」関係者が明かす。

「S氏の話は企画にすら上がっていません。ただこちらから一つ一つ否定もできないので、対応に手を焼いています」

 毎日放送広報部はS氏の出演について、次のように否定した。

「現時点で、当社番組『情熱大陸』がS氏を取り上げる予定はありません。F社がご指摘のような発言をされていることは把握しており、事実と異なるため調査しております」

 S氏を直撃すると、次のように答えた。

「僕は今日まで放送されると思っていました。制作会社から密着取材を受けていたのは事実です。制作会社の代表が僕のファンということで信じていた。こんなん僕がアホにしか見えない話ですやん。でも取引先に迷惑をかけたし、(訂正の)書面を出さないといけない。毎日放送にも謝罪をしたい」

S氏が送った広報文

『情熱大陸』や『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)などの番組は、登場するとイメージアップにつながることから、こうした“出る出る詐欺”は少なくないという。

 8月22日(水)発売の「週刊文春」では、F社の実態やS氏、制作会社の言い分、出演を信じていた販売店の話など、一連の虚偽広報の実態を詳報している。

※この記事の全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像