昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ゴクミの娘、キムタクの娘……最近の“大物二世”はなぜモデルを目指す?

 5月にモデルとしてデビューした木村拓哉(45)と工藤静香(48)の次女、Koki,(15)の話題が続くなか、ゴクミこと後藤久美子(44)と元F1レーサー、ジャン・アレジ(54)の長女、エレナ アレジ 後藤(21)が本格的に始動した。スポーツ紙記者が語る。

ゴクミとエレナ。美しすぎる母娘 ©共同通信社

「母親と同じオスカーに所属が決まり、まず昨年9月、ファッション誌の表紙を一緒に飾ってモデルデビュー。英語、フランス語など4カ国語が堪能な才色兼備ぶりが話題になったが、去年までは欧州が生活拠点だったので、実質的な活動は今年から。7月31日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日テレ系)で遂にテレビ初登場。母親似の瞳とエキゾチックな顔立ちがひときわ目立っていた。パリやモナコにも別荘があるというセレブな生活ぶりには司会の明石家さんま(63)も唖然でした」

 大物二世の相次ぐ始動に沸き立つ芸能界。エレナ、Koki,に続けとばかりに、6月には本木雅弘(52)と内田也哉子(42)の長男、UTA(20)が、いきなりパリコレデビューするという快挙を果たした。

 今、二世タレントの世界には変化が起きているという。