昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さん、天皇陛下が終戦記念日の「おことば」に込められたメッセージとは?

池上さんに聞いてみた。

2018/08/27

Q 「全国戦没者追悼式」での天皇陛下の「おことば」に……。

 8月15日に平成最後の終戦記念日を迎え、「全国戦没者追悼式」では、天皇陛下が「おことば」に「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」という新しい表現を加えて述べられたそうです。天皇陛下が式典の「おことば」を通して、一番国民に伝えたかったことは何でしょうか。(10代・女性・高校生)

A 「これからも平和な日本であってほしい」という願いを込められたのではないかと受け止めています。

 あなたの着眼点は素晴らしいですね。皇室を取材している各社の記者も、この部分が新たに追加されたことに注目したのです。

 第二次世界大戦で多数の犠牲者が出たことに天皇陛下はとても心を痛めておられます。その犠牲の上に、いまの平和がある。しかし、東アジア情勢や、日本国内での安保論争などによって、戦後の平和がいつまでも続くかどうか微妙な時代になっているのではないか。おそらく天皇陛下はここに心を痛めていらっしゃるのではないでしょうか。
 

全国戦没者追悼式に臨まれる天皇皇后両陛下 ©時事通信社

 そこで、「これからも平和な日本であってほしい」という願いを、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」という表現に込められたのではないかと受け止めています。

 いつまでも平和な日本であってほしい。戦後73年が経ち、改めてそう思います。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

この記事の画像