昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元SMAPが上位を独占 「好きなジャニーズ」2017

アンケート回答総数3500超!

第2回「好きなジャニーズ」「嫌いなジャニーズ」のアンケートを実施するにあたって、昨年の「好き」部門の結果を全文公開します(アンケートの募集は終了しました)。なお、記事中の年齢や日付は掲載時のものです。
※「嫌いなジャニーズ」ランキングを含めた記事全文は、Yahoo!ニュースで公開しています。
(出典:「週刊文春」2017年5月4・11日号)

◆ ◆ ◆

SMAP解散で勢力図は一変。ベテラン司会の中居は別格としても、朝はNHKの井ノ原、日テレの山口、TBSの国分らがMCとしてシノギを削る時代。櫻井や小山もニュースを読む。お茶の間の本当の人気者は誰なのか。小誌にしかできないジャニーズ好感度調査の新企画!

 国民的グループ、SMAPの解散から丸4カ月。数多のジャニーズタレントが日々テレビを賑わせているが、本当に好感度が高いのは誰なのか。小誌メルマガ読者にアンケートを実施したところ、3500を超える回答が寄せられた。

 まずは「好きなジャニーズ」部門から。堂々の1位に輝いたのは、今や“国民的司会者”の称号が相応しい中居正広(44)だった。

「昔はおバカな人と思っていたが、今は観察力と頭の回転の良さでますます好きになりました」(40・女)

「人間が温かい。話し方はヤンキーだけど、この人の言葉にはいつも『心』がある」(56・女)

「番組を自らの力で成立させることのできる唯一のジャニーズ」(18・男)

“国民的司会者”中居正広 ©文藝春秋

 ジャニーズの先輩で元シブがき隊の布川敏和(51)は1995年の中居主演ドラマ「味いちもんめ」(テレビ朝日系)で共演した。

「『あすなろ白書』(フジテレビ系)をきっかけにキムタクブームが起こっていたときでした。中居は『布川君、木村もオレと同い年なんですよ。木村を超えるにはどうしたらいいですかね?』と言ってきたんです。『木村は木村だし、お前が同じようなことをやってもしょうがないだろ。お前の良さを伸ばしたらいいんじゃないか』とアドバイスしました。その後、紅白の司会を何度もやるようになってから会った時に、『お前すげーな』と言ったら『そんなことないですよ。芸能界、何があるかわかりませんよ』と話していました」

いとうまい子も中居推し

 ヤンキーに憧れていた中居少年が夢中になった84年の大映ドラマ「不良少女とよばれて」(TBS系)に主演した、いとうまい子(52)も賛辞を惜しまない。

「昔、バラエティの企画でサプライズで私が出演したのですが、『いとうまい子だよね!? いとうまい子だよね!?』とすごく驚いてくれて。その後、どんどん売れてからも、会った時の印象は変わりません。テレビに出ているまんま、本当に気さくな人なんです」

※このスクープの全文は「週刊文春デジタル」でお読みいただけます。