昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中日投手陣「最下位」から先発陣の一角へ 藤嶋健人の挫折と成長

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/09/12

「悔しいし、情けない」

 藤嶋健人は去年の今頃をそう振り返る。試合出場メンバーから外れ、遠征にも帯同しない。戦力ではなかった。

「午前はアップしてキャッチボール。ブルペン後、ノックとランニング。午後は個別練習とウエイトトレーニング。キャンプのような生活を6月から送っていました」

 2016年、藤嶋は東邦高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。高校通算49本塁打の実績から、野手転向もささやかれた。

「10球団から調査書が届きましたが、中日以外は野手の評価でした。僕は小学2年で野球を始めてから投手でしたし、内心は投手を続けたかったので、中日で本当に良かったです」

 しかし、一抹の不安はあった。

「甲子園の後、日本代表チームで藤平(尚真・楽天)や堀(瑞輝・日本ハム)、寺島(成輝・ヤクルト)と一緒になって、ちょっと違うなと」

 ちょっとの違いは2月の読谷(2軍)キャンプで格段の違いに変わる。

「みんな球は速いし、コントロールは良い。僕が中日投手陣で最下位だと思いました」

入団直後に「僕が中日投手陣で最下位」と思ったという藤嶋健人

「プロでピッチャーは無理だ」

 2017年4月23日。ウエスタンリーグ広島・中日8回戦。藤嶋の3試合目の登板。いつもの由宇球場ではなく、広島県廿日市市の佐伯球場だった。両翼が92mと狭い。

「初先発でしたが、ストライクが入らない。空振りが取れない。打つ手がありませんでした」

 結果は1回2/3を4失点KO。

「育成だった(サビエル)バティスタに左中間へホームランを打たれたんです。場外の山にボールが消えて行きました」

 苦い記憶はスローモーションになる。白球を追いながら、痛感した。

「プロでピッチャーは無理だ」

 1年目は2軍で5試合0勝1敗。6月にはメンバー外。このままでは終わる。藤嶋はもがいた。

「夏に体を大きくするべきだと思って、食べまくったんです。5キロ増やしましたが、ただ太っただけで球速は変わりませんでした」

 バットにも手を出した。

「夜に誰もいない室内練習場に行きました。もう投手は無理。野手だと」

 マシンが動く。

「忘れもしません。1球目です。先っぽに当たって死ぬほど手がしびれたんです。その後、何度も打撃練習をしましたが、木製では全く」

 現状打破を試みたが、八方ふさがり。しかし、転機が訪れた。それは秋季キャンプ第1クールだった。

「ブルペンで近藤(真市)コーチからアドバイスをもらったんです。右足は勝手に回るから、最初から回そうとしない方が良いと」

 その頃、藤嶋はストレートの投げ方を見失っていた。球速を求めて体の回転を最優先。体重移動が不十分な状態で軸足を回すため、球に力が伝わらない上、カット気味に曲がっていた。

「右足を我慢しました。すると、やっと真っ直ぐを真っ直ぐ投げられたんです!」