昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女が嫌いな女」2017 松居一代、稲田朋美…大波乱のワースト10発表

アンケート回答総数2000超

女が嫌いな女2018」発表に当たり、昨年の結果を公開します。なお、記事中の年齢や日付は掲載時のものです。

※工藤静香や藤原紀香らが続々登場する「女が嫌いな女2017」の全文は、Yahoo!ニュースで公開しています。

※〈「女が嫌いな女」2018 工藤静香ついに戴冠。安倍昭恵、石原さとみ……予測不能の50人〉の全文も、Yahoo!ニュースで公開しています。

(出典:週刊文春 2017年8月17・24日号)

◆ ◆ ◆

ぶりっ子勢を抑えて“強い女たち”の台頭が目立つ今回のランキング。04年の第1回が(1)さとう珠緒、(2)井上和香、(3)菊川怜、(4)広末涼子、(5)米倉涼子だったのを考えると隔世の感を禁じ得ない。そしてアッコV4を阻止した復讐動画の新女王。嫌いというより怖い?

 歴史が動いた――。小誌恒例の本アンケート企画も12回目。今回も下は16歳から上は83歳まで、沢山のメルマガ女性会員が回答してくれた(総票数は2000を突破)。

 今回の嫌われ女王は、ぶっちぎりの得票で、3連覇中の“絶対女王”和田アキ子を蹴散らした、松居一代(60)だった。理由は言わずもがな。夫・船越英一郎との泥沼離婚劇だ。

「あんなにご主人を利用していたのに、今更動画で非難するのは醜い。夫婦間には色々あると思うが、子供がいるのだから立場を考えてほしい」(47)

「身内でもそうでなくても関わりたくないヒステリッククイーン」(主婦・48)

「執念深さが怖い! (結婚に反対した)船越英一郎さんの父親は彼女の恐ろしさに気付いてたのかなと思った」(主婦・47)

「暴れだすとすべてに牙をむき破壊する、ゴジラのような女」(主婦・54)

松居一代 ©共同通信社

 夫の不倫疑惑への怒りに理解を示す声もあったが、

「見苦しいの一言。あれを『女性特有のヒステリーだ』と思われたくない」(会社員・38)

「女の一番醜悪な部分を露呈し続けている」(59)

「女性全体を貶めた」(主婦・67)

カンニング竹山が一刀両断

 松居と共演経験があるカンニング竹山氏は話す。

「スタジオでは普通のオバチャンタレントだったけどなぁ。でもあの動画はさすがにドン引きしますわ。『自分が浮気したらウチのカミさんもあんな風に動画で復讐してくるのかな』って恐怖を感じた世の旦那さんは大勢いると思うよ。オレもその一人だけど(笑)」

 和田アキ子(67)は6位。2005年の第2回で3位に入って以来、ワースト5を維持してきたが、今回は大きく順位を下げた。和田と親交の深い竹山氏も驚いたという。

和田アキ子 ©文藝春秋

「僕らもアッコさんは狂暴だナンだってネタにさせてもらってるから、あんまり順位が下がり過ぎても困るよね(笑)。それにしても今回は政治家が多いですね。強そうなオンナばっかり」