昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

ネアンデルタール人は「想像力がたりなくて絶滅」したって本当か?

丸山貴史――この人のスケジュール表

丸山貴史さん

「動物好きでこれまでも『世界珍獣図鑑』などを編集してきましたが、どうしても内容がマニア向けになってしまう。そんなおりに、『小4男子向けにいかがですか』と、ある編集者から提案されたんです」

 そう語る図鑑制作者の丸山貴史さんが、動物学者の今泉忠明さんを監修に据えて執筆したのが『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)。いまやシリーズ累計270万部となった。そしてこの夏、丸山さんが同じ編集者と組み、新たに「小4男子向け」に執筆したのが『わけあって絶滅しました。』だ。生命誕生以来、数多くの種が絶滅してきたが、本書が紹介するその理由は〈花が咲いて絶滅(ステゴサウルス)〉〈デコりすぎて絶滅(オパビニア)〉と意表をつく。

「あまり聞き慣れない絶滅理由もあると思いますが、最新のデータを基に、定説ではなくとも、なるべく意外性のある説を採用しています。たとえばニホンオオカミの絶滅理由は近年、明治以降に入ってきたジステンパーのような感染症によるものでは、と言われています。ネアンデルタール人の絶滅理由〈想像力の乏しさ〉はここ数年で唱えられ始めた仮説です。本書をきっかけに自分なりに調べて、想像をふくらませてもらえたらうれしいですね」