昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大ブレイク“キミスイ俳優”の年上美人DJ宅“通い愛”をスクープ撮

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

俳優の北村匠海 ©文藝春秋

 住野よるのベストセラー小説が原作で、2017年夏に映画化され、興行収入35.2億円の大ヒットを記録した「君の膵臓をたべたい」(通称「キミスイ」)に主演するなど、俳優としてブレイク中の北村匠海(20)が、年上の美人DJと交際していることがわかった。9月8日(土)に放送したインターネット番組「直撃! 週刊文春ライブ」が報じた。

 北村は人気ダンスロックバンド「DISH//」のメインボーカルとギターを務める一方、俳優としてもテレビドラマ「信長協奏曲」(フジテレビ系)や「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)、「仰げば尊し」(TBS系)など数々の話題作にも出演。キミスイではヒロインに惹かれる「僕」を演じ、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

 そんな北村の気になる相手は、きゃりーぱみゅぱみゅ(25)や中田ヤスタカ(38)ら原宿系ポップカルチャーを世に送り出している芸能事務所「アソビシステム」に所属する人気DJ「Licaxxx」(リカックス・26)。慶應大学卒の才媛で、DJやライターとして活動するマルチアーティスト。J-WAVEの番組「SONAR MUSIC」にもレギュラー出演している。

 8月30日未明の3時半、都内のバーから出てきた北村とLicaxxx。2人は手を繋ぎながらタクシーに乗り込むと、Licaxxxの自宅へ。この日、昼12時頃にLicaxxxが先に家を出ると、夕方4時頃、北村も家を後にし、仕事へ向かった。

二人は手を繋ぎながら…… ©文藝春秋

 この日、仕事を終えた北村は深夜1時頃に合鍵を使い、Licaxxxの自宅へと入って行った。

 9月7日、銀座で行われたトークイベントの後、買い物をしていた北村を週刊文春デジタル取材班が直撃すると、「(Licaxxx)は友達です」などと言葉少なに立ち去った。双方の所属事務所に事実確認を求めたところ、両事務所ともに「プライベートは本人に任せています」と回答した。

直撃取材を受ける北村 ©文藝春秋

 2人の熱愛についての詳細は、「週刊文春デジタル」にオリジナルスクープとして掲載する。また、同チャンネルでは関連動画も公開中。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで公開しています。

この記事の画像