昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

宮川選手の両親が初告白 速見コーチとの「本当の関係」

 体操界を大きく揺るがす速見佑斗コーチ(34)による宮川紗江選手(19)への暴力指導。宮川選手の両親が「週刊文春」の取材に応じ、2人の関係について初めて語った。

宮川紗江選手と、指導する速見佑斗コーチ ©共同通信社

 母親は次のように語った。

「色々誤解されていますが、速見先生が紗江を一方的に押さえつけたり、洗脳しているということは絶対にありません。紗江の会見についても、彼女が自分から話したいと言い出したんです」

 9月6日、速見コーチが宮川選手に往復ビンタをふるう映像が報じられると、様々な憶測が飛び交うようになった。父親が語る。

「速見先生は(地位保全を求める)仮処分申し立てを取り下げ、謝罪会見で処分を全面的に受け入れることを表明しています。先生も紗江も体罰の事実を認めていたところに、動画が出てきた。また事実無根の情報が垂れ流されていることも残念に思います」

 9月13日(木)発売の「週刊文春」で、宮川選手の両親は、「2人は恋愛関係にあるのではないか」などという指摘や宮川選手の契約問題についても言及している。また、同誌は「鳴り響くビンタ」「頭にソフトクリーム」など、塚原光男(70)、千恵子(71)夫妻による新たな暴力疑惑や、他クラブからの引き抜き工作の実態について計8ページにわたって特集している。

※この記事の全文はYahoo!ニュースで購入できます。

※このスクープの全文は9月13日5時より「週刊文春デジタル」でお読みいただけます。

この記事の画像