昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

全長23m! 超巨大ザメの恐怖 「MEG ザ・モンスター」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

海洋研究施設の探査船が、深海で未知の海溝を発見した。責任者のスーイン(リー・ビンビン)らの喜びも束の間、探査船が消息不明になってしまう。救助に向かったレスキュー・ダイバーのジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)の前に現れたのは、200万年前に絶滅したはずの、全長23メートルの巨大ザメ、MEGことメガロドンだった。研究所のスポンサーは金儲けのためにMEGの捕獲を命じる。5年前にMEGに同僚を殺された過去を持つジョナスの反対は聞き入れられず、MEG捕獲作戦が実行される。暴走するMEGは研究施設を破壊し、海水浴客で賑わうビーチに迫る。

〈解説〉

『ラストベガス』のジョン・タートルトーブ監督作。絶滅したはずの巨大ザメに襲われる人々のサバイバルを描く、海洋パニックアクション。113分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆凶暴サメの巨大さが海中場面ではつかみづらいのが難。ビーチ近くの場面でようやく恐怖。『海底二万哩』の記憶も浮上。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆元飛込み選手ステイサムの力泳に笑ったが、B級映画のお約束に追従し、中国資本に気を遣いすぎている。もっと蛮勇を。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆25mプール級の巨大鮫登場の瞬間に煩悩消滅。ゴーグル嫌いな主演の泳力も気にならず。これが太古に実在したとは!

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆ドB級の王道メガ盛り。むやみにでかい鮫の活躍で海洋物3本分を串刺し大サービス。元水泳選手ステイサムも絶好調!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆ステイサムvsメガロドンの一騎打ちも凄いが、全体的に漂う中国色が桁外れで笑う。中国人パリピの食べ放題など唖然。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

INFORMATION

『MEG ザ・モンスター』(米・中)
丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか IMAX3D/4D 全国公開中
監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、ウィンストン・チャオ ほか
https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/

MEG ザ・モンスター (角川文庫)

スティーヴ・オルテン(著),篠原 慎(翻訳)

KADOKAWA
2018年8月24日 発売

購入する