昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

次期監督は掛布か矢野か、それとも岡田? 阪神番記者たちの大予想

昨季、二軍監督を電撃退任した掛布氏 ©共同通信社

「金本監督がまた、『どうしたもんやろ』とこぼしてましたねぇ。番記者たちは、自信をなくしてるみたい、と言ってますよ。負け方次第で……そういうこともあるでしょう」

 在阪スポーツ紙デスクが語るのは、阪神・金本知憲監督の去就について。昨オフ新たに3年契約を結んでいるが、それでも交代の可能性はある、と言われている。

「現時点(9月29日)5位で、最下位も見える体たらくです。CS出場を逃せばもちろん、出ても3位なら“何か”あります。阪神のフロントはCS開催前提で売り上げ予測をしてますから」(同前)

“何か”とは?

「昨季は貯金17の2位で、球団から契約延長を申し出たので、いきなり監督解任とはならない。ただ、続投となれば低迷の責任を取らせる意味で、コーチ陣に手を入れるはず。まずは片岡(篤史)ヘッドコーチの首が危ない」(同前)