昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

トラ番記者たちの監督予想は?

 いざ側近が切られたとき、金本監督はどうするか。トラ番ベテラン記者が囁き合う。

「それでも金本はやるやろ。そんなんで辞める監督はおらん」(記者A)

「いや、アニキと言われる男だから『それなら、俺も辞めます』と言うかも。最近は甲子園で勝てないことを気にしてるし。次は盟友の矢野(燿大二軍監督)を推薦して身を引く可能性もある」(記者B)

「矢野は、ない。今季二軍を優勝させたと言っても、3番高山、4番ロサリオ……という感じで、二軍なら勝って当然ってオーダーだったからね。今季、坂井信也オーナーの野球指南役を務めて覚えもめでたい掛布(雅之)待望論もあるね」(記者C)

「フロントは今季の観客動員が300万人を割り込みそうだとピリピリしている。昨季二軍監督で1万人の観客を集めた男は魅力ですから。タイガースのオールドファンには掛布監督を一度は見てみたい、という声が多いよ」(記者B)

「岡田(彰布)再登板もある。親会社の阪急阪神ホールディングスの角(和夫)会長は早大出で、岡田シンパと言われてるし」(記者A)

「いや、オーナーも幹部も『うっとうしい』と思ってますよ。岡田さんの発言は正論だけど、タイガースに厳しいので『相変わらず、文句言いやな』と嫌われてます(笑)」(記者B)

 早くも恒例の“お家騒動”が過熱中なのである。