昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

突然の休養から完全復活 なぜいまヒロミが人気なのか?

経営する芸能事務所には妻も所属

 テレビで見ない日はない、という状況になりつつあるタレントのヒロミ(53)。10月からは、ロンドン留学を理由に「火曜サプライズ」(日テレ系)を降板するウエンツ瑛士(32)に代わり、司会を務めることになった。

「生放送中、別の番組を収録中のヒロミが中継で登場する形で交代が発表されましたが、『オマエのわがままで俺も引っ張り出されているのよ』とヒロミらしく毒づいていました」(放送記者)

 芸能界に本格復帰してから4年、これで司会は3本目。レギュラー番組は“準”も含めると2ケタという完全復活ぶりだ。

 かつては12本のレギュラー番組を持ったこともあったが、04年、突然の休養。

「大御所・堺正章(72)と衝突して干されたともいわれましたが、後にヒロミは『40代になったとき、テレビ界が自分を欲していないと気づいた』ことで身を引いた、と語っています。休養中は加圧トレーニングジムを経営して成功。ブームが終わると芸能界に復帰。『バイキング』(フジ系)ではパネラーとして社会問題にまで自論を展開する一方、バラエティーではかつての生意気ぶりを貫いている。先輩にも相変わらずタメ口で上から目線。それでも需要は右肩上がり」(芸能デスク)