昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

貴乃花「参院選出馬説」 新聞報道で深まる“貴が支持する政党”の謎

東スポ、ゲンダイ、フジの血が騒ぐ「噂」

2018/10/05

 貴乃花親方が相撲協会に退職届を出した件。

 朝刊スポーツ紙はそのあと動静を報道しているが、夕刊スポーツ紙&タブロイド紙は次のステージに行っている。

「貴乃花、来年夏の参院選出馬説」である。

©AFLO

貴乃花をめぐる見事な「3紙共演」

 東スポ、日刊ゲンダイ、夕刊フジの3紙が見事に共演していた。

 見出しを並べてみよう。

「引退貴狙う 鵜の目鷹の目 『来夏参院選の目玉』政界進出の話も」(東スポ 9月27日発行)

「安倍自民の目玉候補 貴乃花 飛び交う参院選出馬説」(日刊ゲンダイ 9月28日発行)

「貴 来夏 参院選出馬プラン」(夕刊フジ 9月28日発行)

 この中で気になるのは東スポの「貴狙う 鵜の目鷹の目」という見出しである。「貴」と「鷹の目」をかけてきた。

ゲンダイ、東スポ、フジ 見事な3紙共演

 東スポ見出しと言えば90年代初期の湾岸戦争時に「フセイン インキン大作戦」(1990年11月23日)という不朽の名作がある。

 当時のフセイン・イラク大統領が米軍にインキンパニックをまき起こさせ、かゆさで戦意喪失させる作戦を考えているという記事だったが、素晴らしかったのは見出しの軽快さ。個人的には日本語ラップはここから始まったと思っている。今回の「貴狙う 鵜の目鷹の目」は東スポの伝統がさく裂した。

この記事の画像