昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

誰が中日・浅尾拓也を潰したのか 「登板過多」の指摘に本人の答えは?

 9月29日、阪神戦で最後のマウンドに上がった中日の浅尾拓也(33)。目に涙を浮かべながら中谷から渾身のフォークで三振を奪い、同じく今季引退の岩瀬につなぐと、拍手と歓声が湧き起こった。

通算38勝21敗23セーブ、200ホールド ©共同通信社

「右肩の怪我が元に戻らないということは分かっていたので、普通ならもっと前にクビを宣告されていたはず。本人が辞めると言うまで続けられたのは、球団に『使い切ってしまった』という後ろめたさがあったからではないでしょうか」(スポーツ紙デスク)

 浅尾で思い出されるのが、落合博満監督時代に2010年、11年と中日が連覇したときの獅子奮迅の活躍である。中継ぎとして2シーズンの半分以上の試合で登板し、特に11年は87イニング3分の1を投げて防御率0.41。

「これは中継ぎで20試合投げて1点獲られるかどうかという驚異的な数字です。同年のチーム打率はリーグ最低、得点数もリーグ最少。守り勝っての優勝で、正に浅尾様々でした」(ベテラン記者)

 11年は中継ぎ投手として史上初のシーズンMVPを受賞した。しかし、近年は右肩の故障に悩まされ、16年は一軍登板ゼロ。17年もわずか4試合の登板にとどまった。

 プロ入り当初の浅尾を取材した記者は「使い過ぎだったことは間違いない」と語る。