昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

皆藤愛子が語る「仕事と恋愛」

genre : エンタメ, 芸能

 フリーアナウンサーの皆藤愛子さんが、3冊目のソロ写真集となる『皆藤愛子 ふさのくに』を発売。“布団でおやすみ”ショットなど、”素顔の皆藤愛子”に迫る写真も見どころだ。撮影終了後の彼女に、気になるプライベートについてインタビュー。テレビ番組等でたびたび語ってきた「結婚願望」は、最近、ある出来事により大きく変化したという。

◆ ◆ ◆

©根本好伸

「めざまし」時代から変わったこと

――「めざまし」時代は、朝早い生活を続けられていたと思うのですが、その時に比べて生活は変わりました?

「めざまし」の時は、一番早い時で午前1時起きだったんですけど、実は学生時代から朝が苦手で、今は夜型に戻ってしまいました。夜は、特に遊びに出かけるわけではないんですけど、家でテレビをみたり、掃除したり、料理を作り置きしたりしています。姫ちゃん(編注・皆藤さんが飼っているチワワ)がいるので、あまり寂しさも感じなくて。家では姫ちゃんと会話している時も多いですね。

――姫ちゃんとはどのようなお話をしているんですか?

「おはよう」「ただいま」から、「お腹空いた?」「何食べる?」まで。一人暮らしだと、普通は家で喋らないと思うんですけど、犬を飼いだしてから、喋るようになりました。たまに姫ちゃんにグチも言っています。まずいですよね、はたから見たら(笑)。

©根本好伸

――どんなグチですか?

 仕事の失敗とかですね。「今日大変だったんだよね。どうしようかなあ」みたいな。結局独り言なんですけど(笑)。姫ちゃんは首をかしげて、「ん?」という顔をするだけ。でも、かわいく目を合わせてくれるだけで、十分癒されます。

――皆藤さんほどのキャリアがある方でも、仕事で悩むことがあるんですね。

 毎日悩んでいます。特に、バラエティ番組は独特の空気があるし、瞬発力も必要なので、難しいですね。楽しいんですけど、未だに緊張します。

この記事の画像