昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

「もういい、俺の視界に入るなッ!」 若松孝二監督の声をもう一度聞きたい

白石和彌――この人のスケジュール表

「もういい、俺の視界に入るなッ!」

 白石和彌監督は20歳だった1995年、若松プロの現場に助監督として入るなり大失敗して、若松孝二監督からカミナリを落とされた。

「よく怒るし理不尽だし、もう腹の立つことばかりで。でもそこにいると何か楽しい。若松さんは何でも言葉にしちゃうけど全然自覚がなくて、少したつと“メシ行くか?”とよく声をかけてくれました」

©2018若松プロダクション

 若松プロの青春群像劇『止められるか、俺たちを』は、初期の若松プロで活動した先輩たちの、無類に面白い経験談から動き出した企画だ。

「基本的に誰でもウェルカムの若松プロに、面白い事がしたい若者が集まってきた。門脇麦さん演じる主人公が迷い込んだ1969年は、若松プロが強烈なエネルギーを放っていた時期でした」

 実在の主人公・吉積めぐみさんは、後にピンク映画女監督第1号として新聞の取材に応えている。《若松個人にヤイバをつきつけなければ……》そう語るほど、彼女も若松プロの熱源の一人だったのだ。

「一貫していたのは“ぶっ壊してやる”という思い。映画のことばかり考えていた若松さんの“声”を、もう一度聞きたくて撮った作品です」

INFORMATION

映画『止められるか、俺たちを
10月13日(土)よりテアトル新宿ほか、全国順次公開
http://www.tomeore.com/index.html