昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

フォロワー1億人超のテイラー・スウィフト “反トランプ”宣言の影響力は?

2018/10/24
波紋を呼んだスウィフトのインスタ

 中間選挙を約1カ月後に控えた10月7日、インスタグラムに長文を投稿したカントリー音楽の人気歌手、テイラー・スウィフト(28)。共和党が強い地元のテネシー州で民主党候補者への支持を表明し、ファンに投票も呼び掛けた。

「これまでレディー・ガガら多くのミュージシャンが“反トランプ”を表明してきましたが、保守層に人気のカントリーミュージシャンはそうした主張を控えてきました。以前、ブッシュ政権に批判的な意見を表明したカントリーミュージシャンが謝罪に追い込まれたこともあった。それだけに、政治的態度を示すことには消極的だったスウィフトの投稿が波紋を広げているのです」(米メディア関係者)

 実は父親は3代続く金融マン、母方の祖父は石油王という裕福な家庭に生まれ育ったスウィフト。06年にデビューを果たすと、4年後の10年には、グラミー賞で最も栄誉があると言われる最優秀アルバム賞を史上最年少で受賞した。昨年秋に出した最新アルバム「reputation」は、発売初週だけで売上120万枚超を記録するなど、今や“世界的歌姫”と言っていい。

「インスタでも普段はライブなどの派手な写真が目立ちますが、この時は普段着の彼女が腰掛けたモノクロ写真。等身大のスウィフトのメッセージと強調したかったと見られます」(同前)