昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

最新テクノロジーを搭載したドライバーとアイアンなら秋ゴルフでベストスコアを狙える!

 最新モデルの特徴と自分に最適なモデル選びのコツ

【アドバイザー】 クラブフィッター 鹿又芳典さん
クラブフィッター兼クラフトマン。千葉県内にゴルフショップ「Magic」を持ち、多くのメディアでクラブ選びのご意見番として活躍中。
【アドバイザー】 クラブフィッター 鹿又芳典さん
クラブフィッター兼クラフトマン。千葉県内にゴルフショップ「Magic」を持ち、多くのメディアでクラブ選びのご意見番として活躍中。

 ゴルフショップに秋の新製品が出そろう時期になった。多くのゴルファーは、ゴルフクラブの華ともいえるドライバーに注目しているはずだ。クラブフィッターの鹿又芳典さんによると、最新モデルには一種のトレンドがあり、ゴルファーは購入前にそのことを知っておくべきだという。

「数年前まで、ゴルフクラブはプロモデルとアベレージ向けというふうに、メーカー側が使い手であるゴルファーを想定して明確に作り分けていました。ところが今は、ドライバーに関してはその垣根がなくなっています。変わったのはプロモデルのほうで、最新テクノロジーを駆使することで寛容性が増していて、アマチュアにも打ちやすいクラブになっています」

 プロモデルというと、ヘッドが小ぶりで球筋を打ち分けやすい操作性を備えているのが特徴だったが、今はそのようにアピールしているモデルはほとんどないそうだ。

「プロであっても、できるだけ自分のミスをカバーしてくれるモデルを使って、まっすぐ遠くへ飛ばしたいと願っています。プロのニーズが変わってきたので、プロモデルの性能も変わってきたのです」

飛ばすためには球のつかまり具合とクラブの重さを確認!

 ドライバーの飛距離を決定づけるのは、ボール初速、打ち出し角、スピン量の三要素だとよく耳にする。これらを理想値に近づけることが最大飛距離を得るための要だとも聞くが、実際にはどのようにモデルを選ぶべきなのか。

「ボール初速については、ルール上のフェース反発規制があるので、どのモデルで打ってもほとんど変わりません。残るのは打ち出し角とスピン量ですが、最新のドライバーはあらかじめメーカー側が理想値になるようにクラブを開発してくれているんです。実は、これらも最初に気にすべきところではありません」

 飛びの三要素よりも大切にしたいことが、モデル選びにはあるという。

「最新のドライバーには先進のテクノロジーが搭載されていて、どのモデルも完成度が高い。ただし、モデルによって球のつかまり具合とクラブの重さが違います。まずはそれをチェックすべきです。飛びの三要素が理想値になるのは、あくまでもフェースをスクエアな状態でインパクトさせたとき。スクエアに当てられるかどうかは、クラブ性能の球のつかまえやすさで決まります。そして、自分が振りやすく感じる重さのクラブであることも大切です」

 次ページでは、各メーカーの主な最新ドライバーの球のつかまり度を鹿又さんに評価してもらい、クラブの重さを比較して並べた。自分が使って飛ばせるドライバー選びの参考にしてほしい。