昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“反小池急先鋒”音喜多都議が妻・区議と交わした「セフレ容認契約書」

三次氏 本人HPより

 10月12日、新党「あたらしい党」の結党を宣言した音喜多駿・東京都議(35)。今では反小池の急先鋒となった音喜多氏だが、「週刊文春」の取材で、妻の三次由梨香・江東区議(33)との間で、“セフレ容認契約書”を交わしていることが分かった。

 三次氏は知人にSNSで以下のようなメッセージを送っている。

〈ちゃんと音喜多さんからはわたしの不貞行為は公認してもらってます。誓約書も署名捺印済みです♡〉 

〈(その相手は)恋人っていうんですかね… 恋人と夫は音喜多さんですが、その人は勉強させてもらう憧れてるセフレかと思います☆〉

知人へのSNSメッセージ

 三次氏は夫の音喜多氏との間で、セフレを作ることを認めてもらう誓約書を交わしているというのだ。さらに、セフレが実際にいることまでSNSでは認めている。

 三次氏は取材にこう語る。

「SNSは確かに私のもの。(セフレ容認の)誓約書はある。忘れてた。マタニティブルーの時に、夫に『私は他のところで色々していいでしょ』と作った」

音喜多氏 ©文藝春秋

 音喜多氏も“セフレ容認契約書”について、事務所を通じて以下のように回答した。

「妻との間で独自の約束事を交わしていることは事実です。話し合いのすえ、人間関係に関する約束事を書面に致しました」

 10月25日(木)発売の「週刊文春」では、“セフレ容認契約書”を交わした経緯、三次氏の男性関係などについて詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。