昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「下町ロケット」に驚きの出演、工藤夕貴の“仕事”と“私生活”

 異色のキャスティングでも毎回注目を集める、TBSの池井戸潤氏原作ドラマ。今期の「下町ロケット」(日曜夜9時~)では古舘伊知郎(63)、“珍獣ハンター”イモトアヤコ(32)らが起用されているが、16年ぶりの地上波連ドラ出演となる工藤夕貴(47)の存在感も見逃せない。

「ミステリー・トレイン」(89年)など米国映画出演も多数 ©文藝春秋

 演じるのは主人公・佃航平(阿部寛・54)が経営する佃製作所の経理部長、殿村直弘(立川談春・52)の妻、咲子。

「コメ農家を営む夫の実家を内助の功で支えながら、会社に重要なアイデアを提供する。工藤は実生活でも静岡県で農業を営む“半農女優”ですから、これほどの適任はいない。本人も『農業がテーマの今作に出演できることを嬉しく思っています』と語っています」(放送記者)

 工藤は中学時代の1984年、インスタントラーメンのCMで「お湯をかける少女」として人気者になるいっぽう、同年『逆噴射家族』で映画初出演。挿入歌で歌手デビューまで果たした。

「斉藤由貴(52)や中山美穂(48)と同時期の台頭ですが、工藤はアイドルというより女優志向で、85年の『台風クラブ』で早くも若手実力派として認められた」(映画記者)

 次に目指したのがハリウッド。満足に英語が喋れないまま渡米し、苦労を重ねながら18歳で映画出演を果たした。日本でも92年、『戦争と青春』(今井正監督)でブルーリボン主演女優賞を獲得している。

“女優一筋”にブレなかった仕事面とは対照的に、私生活は波風が立ち続けた。