昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

がんにならないための良質な「ノンレム睡眠」で、「成長ホルモン」を出そう

2018/11/27

がんにならないためには、睡眠を取ることが大事。だが長時間眠ればいいわけでもない。大事なことは量よりも質。では良質の睡眠とは一体どんなものだろう。

◆◆◆

傷ついた細胞の修復につながる行為とは

 生活習慣の悪化などによって、私たちの体の粘膜には傷ができていきます。その傷は周囲の細胞が分裂することで修復されるものの、細胞の分裂機能が限界に達すると、その代わりに登場して傷を塞ごうとするのががん細胞です。

 傷ついた細胞を放置するとがん細胞ができやすくなる。言い換えれば、放置せず、常に修復しておけば、がんになりにくい体を作ることが可能になるのです。

 実は私たちは、無意識のうちに、傷ついた細胞の修復につながる行為を、毎日行っています。それは「睡眠」です。

 健康的な睡眠について話をすると、「十分に睡眠時間を取っているから大丈夫」という人がいます。しかし、睡眠で大事なのは、量ではなく質。夜更かしをした代わりに翌日昼頃まで眠ったとしても、それは良質な睡眠とはいえません。

成長ホルモンは大人にも出る

 皆さんも言葉は聞いたことがあると思いますが、睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2つのパターンがあります。寝入りばなは一気に深い眠りに入ります。この間、脳はスイッチもオフになり、夢も見ずに完全な休息状態に入ります。この状態がノンレム睡眠です。

©iStock.com

 この時、脳からは「成長ホルモン」が出ます。昔から「寝る子は育つ」と言いますが、これはノンレム睡眠の最中に出る成長ホルモンによって身長が伸びることを指しているのです。

 ならばこれ以上成長する必要のない大人には、成長ホルモンは出ないのでしょうか。いえ、ちゃんと出ています。大人の成長ホルモンは、身長を伸ばすのではなく、脂肪を燃焼し、筋肉を作る働きをしているのです。

 成長ホルモンの役割を考えるとき、野生動物におけるその仕組みを見ていくと理解しやすいでしょう。

 動物も眠っている間に成長ホルモンが出ます。中でも最もたくさん出るのは普段の眠りではなく、冬眠中です。地球上の生物の歴史は、「飢えと寒さとの戦い」でした。エサが少なく寒い冬の間は、洞穴でエネルギー消費を最小限にして、体温を維持して体内の重要な臓器を保温しています。このとき働いているのが成長ホルモンです。

 成長ホルモンは深い睡眠のノンレム睡眠のとき、発熱物質である内臓脂肪を燃焼して体温を高めます。この仕組みは、寒さに打ち勝つために動物が獲得した「進化」のひとつでもあるのです。