昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

平沼赳夫氏の政治家人生 “安倍首相が復党させたかった男”の紆余曲折

 平沼赳夫元衆院議員(79)が旭日大綬章を受章し、「社会的立場が弱い人の救済を政治信条に行動してきた」と37年余りに及んだ政治生活を振り返った。

郵政民営化法案には「米国の言いなり」と反対した平沼赳夫氏 ©共同通信社

 戦前に首相を務めた平沼騏一郎氏に連なる名門一族の生まれで幼くして養子となり、1980年の総選挙で初当選。運輸相や通産相、初代の経済産業相など要職を歴任して一時は宰相候補と目された。だが2005年に自民党を離党後は数々の政党を立ち上げる流転の政治家人生に。紆余曲折の末、脳梗塞の後遺症もあり昨年引退した。

 政界で切っても切り離せない関係にあったのは石原慎太郎氏と亀井静香氏の2人だ。

 特に亀井氏とは「お神酒徳利」と呼ばれるほどの関係で、安倍派から三塚派、さらに江藤・亀井派に至るまで行動をともにした。2001年の総裁選後、小泉純一郎氏は平沼氏を政調会長に指名したが、平沼氏は小泉氏と対立する亀井氏に義理を立てて辞退した。

 その2年後、今度は小泉氏の対抗馬として野中広務元幹事長が平沼氏を総裁選に担ごうと模索するなど、保守派だけでなくリベラル派からも実力は認められていた。