昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

食い違う安倍首相と外務省 日中「三原則」騒動の真相は?

日本の首相として7年ぶりの中国公式訪問だった ©共同通信社

 10月26日夕方に行われた日中首脳会談。波紋を呼んでいるのが、安倍晋三首相が習近平国家主席に提示したとされる「三原則」だ。

「首相は今後の日中関係について『競争から協調』『脅威ではなくパートナー』『自由で公正な貿易体制の発展』の3つの点を提案し、官邸のフェイスブックでも『三つの原則を確認した』と発信しました」(外務省担当記者)

 ところが、会談直後の26日夜、西村康稔官房副長官が三原則を否定したのだ。

「記者から『三原則を明確に示したのか』と問われ、西村氏は明言できなかった。結局、外務省幹部の耳打ちを受け、『三つの原則という言い方はしていない』と答えたのです。“首相発信”との整合性を追及され、西村氏は『俺、変なこと言ったかな』と漏らしていた」(官邸関係者)

 外務省も記者団に、わざわざ官邸フェイスブックのURLを貼った上で「一連の会談で三原則との言葉でこれら諸点に言及したことはない」とのメールを送信している。

「これには首相も『会談のカメラの前でも(三原則を)言ったじゃないか』と苛立ちを隠さなかった。西村氏の対応についても『だいたい西村もその場にいたじゃないか。チャイナドレスとか他のこと考えていたのかね』と不満気でした」(同前)

 実際はどうだったのか。