昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

奇跡の2時間15分! 伝説のバンド“クイーン”の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1970年、ロンドン。24歳のフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ロックバンドの“クイーン”を結成する。「俺たちにジャンルはない」というフレディの宣言通り、革新的な名曲が次々とヒットし、クイーンは世界的な人気バンドとなる。しかし、フレディはメンバーとの対立や、同性愛のスキャンダルに憔悴し、孤独を深め、ソロ活動を選択する。放蕩な生活を送るフレディは、かつて恋人だったメアリー(ルーシー・ボイントン)に救われ、崩壊寸前だったバンドはチャリティ音楽イベント“ライヴ・エイド”のステージで復活を遂げる。

〈解説〉

結成からライヴ・エイドでの21分間のパフォーマンスまでを描く、英国のロックバンド“クイーン”の伝記映画。バンドの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、演奏シーンではフレディ・マーキュリーの声が使用されている。監督は『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー。135分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★★音楽の力と70年代の空気。何度も胸が熱くなった。主演のR・マレックの特異な風貌と入魂の演技。撮影も見ごたえあり。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆脚本が浅く、監督交代のせいか編集にもムラがあるが、F・マーキュリーのツッパリは天下無双。ラミ・マレックも熱演。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★ファンには垂涎の、音楽に疎ければ魂を揺さぶられる、奇跡的な2時間15分。フレディの感性溢れる儚い時を堪能。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★★エモい! 大衆的なアンセムの根っ子にあるクイーンの先端性を熱くあぶり出す。今だからこそ世界に捧ぐロックオペラ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆FOXロゴからトップギア。ライヴ・エイドの再現でエクスタシィの波を漂う、フレディの創造物として描く滅菌クイーン。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2018 Twentieth Century Fox

INFORMATION

ボヘミアン・ラプソディ』(米)
11月9日(金)より全国ロードショー
監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディー、ジョー・マッゼロ、
エイダン・ギレン、トム・ホランダー、マイク・マイヤーズ ほか
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/