昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

シーツ姿の幽霊の視点で描く死後の世界 「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

作曲家のC(ケイシー・アフレック)と妻のM(ルーニー・マーラ)は、田舎町の一軒家に暮らしている。深夜に隣の部屋で鳴ったピアノの音に目を覚ました2人は、誰もいないことを確認すると、お互いの温もりを感じながら再び眠りにつく。翌朝、Cは交通事故で不慮の死を遂げる。Mが霊安室を立ち去ると、幽霊になったCがシーツを被った状態で起き上がる。Cは自宅に戻り、自分の存在に気づかないMを見守り続けるが、Mは新たな人生に向き合うために引越しをする。その後、次々と入れ替わる住人たちを、ときに怖がらせながら見守り続けたCは、自分が永遠にこの空間に縛られ続けることに気づく。

〈解説〉

監督と脚本は、『ピートと秘密の友達』のデヴィッド・ロウリー。妻を愛し続ける幽霊の視点から、死後の世界が描かれる。92分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆悲しみと淋しさに沈む暮らしの描写の中で、ちょっとマンガぽいシーツおばけの姿が救いに。ラストはちょっと疑問だが。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆溝口の『雨月物語』やアピチャッポン・Wの『光りの墓』には及ばないが、高度な催眠術だ。人ではなくて家に憑くのか。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆死んでも自我を失えず執着を消せない不自由さが切実に伝わる。次元を超えた孤独は滑稽なほど。幽霊を体験できます。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆アイデア一発勝負の側面はあるが、簡素な場所から立ち上がる永遠性と悲哀は出色。詩情豊かで後を引く。星4つに近し。

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆哀愁に濡れ妖艶なルーニー。ヴァージニア・ウルフの引用。狭い画角でみる自分不在の世界はまさかのインターステラー?!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

INFORMATION

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(米)
11月17日(土)よりシネクイント、シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国ロードショー
監督・脚本:デビッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ ほか
http://www.ags-movie.jp