昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

AI×独自の不動産ノウハウで不動産投資の運用戦略を的確に判断

コスモスイニシアの一棟投資用不動産AI診断サービス「VALUE AI〈バリューアイ〉」

PR

不動産投資を検討する際、客観的に判断できる指標は少ない。不足しがちな判断材料を膨大な不動産データを背景にしたAI(人工知能)により提供する業界初※のサービスが好調だ。物件選びから、出口戦略まで投資プランを立てることができるうえ、不動産のプロのサポートも期待できる。

物件の将来的価値から出口戦略まで

株式会社コスモスイニシア ソリューション本部統括部 カスタマーリレーション課 チーフ・高橋元章氏
株式会社コスモスイニシア ソリューション本部統括部 カスタマーリレーション課 チーフ・高橋元章氏

 投資目的で不動産購入を検討する際、所在地、購入価格、表面利回りといった情報をもとに価値を判断するのが一般的だ。しかし、それらの情報だけでは運用時の稼働率、賃料の変化、将来の推定売却価格などが見えず、情報不足の感は否めない。

 コスモスイニシアでは業界初※となるAIによる一棟投資用不動産AI診断サービス「VALUEAI〈バリューアイ〉」を提供し、好評を博している。

 サービスの利用料は無料。メールアドレスを登録して物件の情報を入力すると、現在、5年後、10年後の推定資産価値を見ることができる。物件は所有物件でも、購入を検討している物件でも構わない。この情報を軸に、現在の適正賃料と将来賃料の変動、稼働率、将来の推定売却価格と推定利回りまでシミュレートしてくれる。つまり購入時に出口戦略まで練ることが可能になるのだ。

「AIによる公正な査定には価値があります。AIで過去のデータをもとに査定価格を算出し、当社営業担当者のリアルタイムの相場観を取り入れることで、より最適な購入・売却タイミングがわかる投資プランを提案できる点が強みです」とバリューアイの企画責任者である高橋元章氏は話す。

 バリューアイでは将来的な賃料推移と推定売却価格、インカム収益とキャピタル収益分析、キャッシュフロー表(投資期間と自己資金の変化)など、欲しい情報がグラフで分かりやすく表示される。

「将来的な賃料変動を加味した資産価値や収益値を予測することが可能です。データはユーザーの声を反映し随時アップデートしているほか、PC、タブレット、スマートフォンでも活用できるので利便性も高いです」(高橋氏)

現在、5年後、10年後の不動産推定額の推移がグラフにより一目で判断可能。(画像はサンプルです)
現在、5年後、10年後の不動産推定額の推移がグラフにより一目で判断可能。(画像はサンプルです)

 ユーザーは気になる不動産があった場合、バリューアイで物件情報を入力すればWEB上で様々な投資プラン(保有期間・借入額)のシミュレーションを行うことができる。さらに、営業担当者の相場観・物件購入にかかわるアドバイス等を加えることで、より安心感のある投資判断を可能にする。これは、同社ならではのサービスだ。

「AIを活用した過去データからの客観的な将来シミュレーションを提供することで、投資判断における新しい基準を提供したい」(高橋氏)

 気軽に使えるサービス、そして不動産のプロをパートナーとすることで、より確度の高い不動産投資が実現できそうだ。

※当社調べ。一棟投資用・賃貸不動産を対象。2018年2月現在。


提供:コスモスイニシア

お問い合わせはTEL:0120-355-288