昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ちょいワルオヤジ雑誌休刊で石田純一にギャラ未払い発生

『GG』最新号の表紙

 10月16日、突然の休刊が発表された月刊誌『GG(ジジ)』。11月6日には版元のGGメディア株式会社も破産開始決定を受けたことに伴い、負債を抱える関係者が続出。表紙モデルを務めていた俳優の石田純一(64)にもギャラの未払いが発生していることが「週刊文春」の取材で分かった。

「最新号は校了作業を終え、印刷を待つのみでしたが、突然、印刷がストップし、さらに休刊・倒産が発表された。関係各所に総額1億3000万円を超える負債を残しながら、十分な説明も謝罪もない。被害は石田さんをはじめとする、誌面に登場していたタレントにも及んでいます」(制作スタッフ)

 同誌の編集長を務めていたのは、過去に男性ファッション誌『LEON』で一時代を築き、“ちょいワルオヤジ”の流行語を生んだ岸田一郎氏(67)。

「『金は遺すな、自分で使え!』のキャッチコピーのもと、ファッションや旅、自動車、時計などを特集。バブル世代に向けた“余生快楽誌”を謳っていました。しかし創刊時から赤字続きだったのです」(元編集部員)

石田純一さん ©共同通信社

 石田は小誌の取材にこう語る。

「急なことなので、びっくりしましたけれども……。ギャラとかは最後の方は入ってきていないまま、こういうことになっちゃったんで。僕としては表紙もやらせてもらっていたので、お役に立てず申し訳なかったと、残念な気持ちです」

 一方、岸田元編集長は次のように回答した。

「今回の件で得をした人は誰もいないんですよ。僕の役員報酬も出なかったし。ただの雇われ取締役、雇われ編集長ですから」

――岸田さんが始めた事業では?

「私も被害者とは言いませんが、業務委託でやってたわけですから」

 11月21日(水)発売の「週刊文春」では、『GG』休刊・倒産の詳細や岸田氏からのパワハラ被害を訴える元編集部員の声、誌面に登場した岩城滉一らの被害状況、岸田氏の直撃コメントなどについて詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。