昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小池百合子「“清く正しく”だけでは日本は潰れちゃう」――立花隆に語る

「『希望の塾』に集まった人材の中から、都議選の候補者を出すつもりでいます。次の都議選を勝ち抜くこと。今はその一点です」

 小池百合子東京都知事(64)が、評論家・立花隆氏(76)との対談で、今夏の都議選で多くの候補者を擁立することを明言した。「東京大改革」を阻む最大の勢力である自民党都連への宣戦布告ともいえる発言だ。

 

 立花氏は、『文藝春秋』2016年11月号の「都庁伏魔殿」と題した巻頭随筆で、小池氏を〈日本の政治を面白くしていく人だろう〉と評していた。そこで文藝春秋編集部が二人の対談を企画し、実現した。

「正直に言うと、都知事に当選されるまで、私は小池さんに注目したことがあまりなかった」と立花氏は語りかけた。しかし、小池氏が『文藝春秋』2008年1月号に寄稿していた論文『小沢一郎と小泉純一郎を斬る』をあらためて読んで評価が一変したという。

「これが実に面白い。私は、小池百合子という人物をかなり過小評価していましたね。自分が仕えた二人の大物政治家をこれだけ俯瞰した視点から客観的に語れる人はそういませんよ」(立花氏)

 小池氏はこう切り返す。

「国際社会には勝負師がゴロゴロいます。そんな中で“清く正しく”だけでは日本は潰れちゃうわと常々思っています」

 

 築地市場の豊洲移転問題、東京五輪の巨額費用問題、都議会運営……。対談のテーマは多岐にわたった。さらに、小池氏はあまり語ってこなかった遍歴も打ち明ける。スケールが大きかった父親のこと。留学先のエジプトで目の当たりにした第四次中東戦争。

「そうした原体験があるから小池さんは日本の政治を俯瞰できているのでしょうね。私は、中東の歴史は、政治を動かすうえで極めて重要だと思う」(立花氏)

「ちょっとユニークな経歴ですけど、東京という国際都市を変えるためには、これくらい変な人のほうがいいと思うようにしています」(小池氏)

 都議選まで半年。小池氏の秘策に立花氏が迫った対談全文は、『文藝春秋』2月号に掲載されている。


この記事の全文は「文藝春秋」2017年2月号でご覧ください。

はてなブックマークに追加