昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

辺境ノンフィクション作家が世界の果てでやっと出会えたリアル「口噛み酒」の味

辺境ノンフィクション作家・高野秀行×ノンフィクション作家・川内有緒

 アニメ『君の名は。』に出てきた“口噛み酒”からヒキガエルジュースまで、世界中のありとあらゆる奇食に挑んだ『辺境メシ』の刊行を記念して、著者・高野秀行とゲスト・川内有緒の対談イベントが神保町・東京堂で開催された。「はぐれノンフィクション軍団」なる秘密結社(!?)の隊長・高野と隊員の川内による抱腹絶倒対談!

◆◆◆

隊員は3人だけ「はぐれノンフィクション軍団」

高野 最初に川内さん、ちょうど『空をゆく巨人』が開高健ノンフィクション賞を受賞されて、おめでとうございます!

川内 ありがとうございます。受賞後すぐにお電話いただいて。みんなメールが多いなかとても嬉しかったです。さすが隊長!(笑)

川内有緒氏 ©平松市聖/文藝春秋

高野 川内さんとは「はぐれノンフィクション軍団」仲間なんですが、誰も知らないでしょうから、ちょっとだけ説明しましょうか。

川内 私が入団したのは4年ぐらい前ですが、高野さんがプロデュースした本の秘密結社みたいなもの(笑)。隊員は3人だけですかね?

高野 歴代3人で、ひとりはもう辞めてしまって。第1号が『困ってるひと』という闘病記を書いた大野更紗さん。僕はあの本のプロデュースをやったんですね。ものすごくヒットしたんですが、あれは笑える闘病記の走りでした。そのあと、モハメド・オマル・アブディンという目の見えないスーダン人の友達の、『わが盲想』という本を出したんです。

川内 私は最初、『パリでメシを食う。』という本を出した頃に1ファンとしてイベントで高野さんに会ったんです。その後、高野さんがTwitterで「国連についてもうちょっと知りたいな」と書いていらして、たまたま私が『季刊レポ』で書いていた国連についての原稿を送ったら、「これ本になるんじゃない? よかったら編集者紹介するよ」と言ってくださって。それが無事に1冊の本になって、めでたく軍団に入団(笑)。『パリの国連で夢を食う。』という本のタイトルは、2日酔いの高野さんがつけてくれました。