昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

願いを込めて良い年に! 『開運初詣』平成31年寺社ガイド〈関東編〉

寺社いろいろ、ご利益いろいろ、初詣へ行こう!

2018/12/26

PR

東京・足立区西新井大師

西新井大師は、826年に弘法大師によって開創。悪疫流行に悩む村人のため、弘法大師が祈祷。お堂西側の枯れ井戸から水が湧き(のちの西新井)病が平癒した。


東京・中野区梅照院

梅照院は、別名「新井薬師」とも呼ばれ、そのご利益から、“眼の薬師” “子育て薬師”と 親しまれている。また、厄除けなど御祈祷も受け付けているので参詣されたし。


東京・台東区小野照崎神社

小野照崎神社は、小野篁(おのたかむら)命が御祭神。平安時代の歌人で “日本の白楽天”と呼ばれた漢詩の天才かつ絵画の大廈。芸能・学問・仕事が御神徳。


東京・千代田区神田明神

神田明神は、1300有余年の歴史を誇る古社。歴代将軍から庶民まで崇敬篤く、江戸総鎮守として親しまれてきた。日本三大祭の一つ、「神田祭」でも有名。


東京・千代田区靖國神社

靖國神社は、明治天皇の思し召しにより明治2年創建。 祖国に殉じた神霊を祀る。新年は参拝者に御神酒や甘酒が振る舞われ、奉納芸能や福引きも行われる。


東京・港区乃木神社

乃木神社は、明治時代に活躍した乃木希典将軍と静子夫人を祀る。夫妻で祀られていることから、夫婦和合・家庭円満の神様として知られている。


東京・千代田区東京大神宮

東京大神宮は、伊勢神宮の神様のほか、結びの働きを司る神々もあわせ祀り、神前結婚式を創始した神社であることから縁結びのご利益で知られる。


東京・千代田区平河天満宮

平河天満宮は、1478年に現在の皇居・平河城内に太田道灌が江戸の守護神として創建。 菅原道真公が主神であるため初詣は受験や就職祈願の学生で賑わう。


東京・板橋区ときわ台天祖神社

ときわ台天祖神社は、鎌倉時代中期の後深草天皇の頃に創建されたと伝えられ、かの大田南畝の著書にも登場する古社。地名である常盤の名称の由来でもある。


次のページ 東京都のおすすめ寺社その2を紹介!