昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

大江千里、デビュー35周年「単なるノスタルジーではないアルバムを」

大江千里――この人のスケジュール表

 前半生をポップシンガー、いまはジャズピアニストとして活躍している大江千里さんが、ことしデビュー35周年を迎えた。今秋発売した記念アルバム『Boys & Girls』は「格好悪いふられ方」「十人十色」など、大江さんのヒット曲を自らジャズに仕立て直したピアノソロ集だ。

大江千里さん

「アメリカ各地をライブで回っていて、時折自分の曲をジャズアレンジしたものを入れると、観客から新鮮な反応をもらうことが多いんです。当時の曲を聞き返してみると、僕にとっても色々な発見があります。それで、僕自身のセカンドチャプターとして、単なるノスタルジーではないアルバムをリリースできたらと思いました。だからジャズにしやすい曲を選んだわけではなくて、ポップシンガー・大江千里の名刺のような曲をあえて収録しています」

 ポップスからジャズへの組み換えは大変だったという。

「ジャズの世界に入るため、ポップスの感覚を消す努力をしてきましたから。いざやりだすと作業の前半戦はあれもこれもと盛り込もうとしすぎて、苦戦しました。原曲のこだわりも活かしたいですし。これまでジャズとポップスは別物という意識が強くあったけれど、今回の仕事を通して、いままでとは違う、ボーダーのない世界がチラッと見えた気がします。来年一月に、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡でライブをする予定ですが、音楽を通してみんなにその世界を直接伝えられたらと思っています」

INFORMATION

大江千里 Japan Tour 2019 “Boys & Girls,again -January-”
CDはソニー・ミュージックダイレクトより発売中
http://www.110107.com/s/oto/page/SENRI35TH?ima=4105